株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石
株式会社ダイヤ昭石
お客様のことをよく知ることが大切
株式会社ダイヤ昭石

とにかく車が大好きで、高校を卒業してすぐにダイヤ昭石に入社しました。就職先を考えた時、整備工場も考えましたがガソリンスタンドであれば整備だけでなく、接客も経験出来る上に、様々なメーカーの車種を扱えるところに魅力を感じました。また、職場体験で実際に店舗を見学して、スタッフの方々が生き生きと働いている姿を見て、みなさんと一緒に働きたいと思いすぐに入社を決意しました。

働いて痛感したことは、仕事の相手は「クルマ」ではなく「人」だったということです。 入社間もない頃、エンジン内をクリーンにして燃費を改善する添加剤のキャンペーンがあり、「添加剤(フォロザ)はいかがですか?」とお客様にいくらオススメしても、「結構です」と断られてばかりでした。事務所に貼られた売上グラフを見るたび、毎日悔しい思いをしていました。なんとしても売上を上げたい一心で、先輩の接客をずっと観察したり、休日にカー用品店に行き、店舗の方の接客を参考に、これはいいな!と思う接客をマネしてみました。

マネしているうちにわかってきたのは、お客様がクルマにどのような乗り方をしているのかを質問しながら、お客様のことをもっと知ろうとしていたことです。それまでの接客は、お客様の話を聞かずに一方的に商品の説明ばかりをして、最後に「いかがですか?」と質問する売り方でした。これでは売れるはずがありません(笑)。 そのことに気が付いてからは、「このお客様は何を必要とされているだろうか?」「どのようなことを不安に感じているだろうか?」と、お客様をもっともっと知るために会話をするようになりました。売りたいものを売るのではなく、お客様のことを知るんだ!と頑張ってみた結果、お客様に初めて「喜んで」買って頂くことができました! 添加剤購入後もお客様から給油の際に「安心して車に乗れるよ」と声をかけていただき、お客様のお役に立てたことが嬉しくてたまりませんでした。クルマというモノでなく、人を相手にするからこそ味わえる喜びなのだと思いました。

もっとお客様に喜んで頂きたい
株式会社ダイヤ昭石

入社2年目に社内で接客のレベルを競うコンテストに出場するチャンスが巡ってきました。接客コンテストで審査されるのは「笑顔」「会話・表現」「姿勢」「気配り」など基本的なことです。挨拶とおじぎには、かなりの自信があったのですが、残念ながら入賞出来ませんでした。自分なりに出来ている!と思っていた接客も、コンテストに入賞した先輩たちと比べると「自分はまだまだ」と思い知らされる結果となりました。

第三者に評価されるコンテストを通じて、賞を獲ることよりも自分の実力に気づくことが出来たことのほうが大きな収穫でした。コンテストに出場したことをきっかけにして、自分がいいと思うことではなく、お客様が満足されることは?といつも意識出来るようになりました。

今では「もっとお客様に喜んで頂きたい!お役に立ちたい!」という気持ちが以前より強くなり、お客様と会話をしているときも丁寧な言葉使いや細かい気配りが自然に出来るようになったと思います。

私にとってのダイヤ昭石

■お客様のお役に立てる、喜んでいただける

■様々なメーカーの車種を扱える ■接客コンテストで自分の実力がわかる

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石