株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石
株式会社ダイヤ昭石
アルバイトから社員⇒店長⇒課長⇒副部長へのステップアップ
株式会社ダイヤ昭石

私のキャリアはアルバイトからスタートしました。 もともとは「実家の近所だから」という理由で埼玉県にあるダイヤ昭石のSSでアルバイトを始めました。当初は社員になるという考えはありませんでしたが、店長さんから熱心に誘っていただき、徐々に気持ちが傾いていきました。21歳のとき、神奈川県の店舗へ社員として赴任しないかとの勧めを何度も受けて、社員として新天地でチャレンジする決意をしました。 社員となった3年目にそれまでの苦労や努力、成果が評価され、異例のスピードで店長に抜擢され、店舗の運営を任される立場となりました。24歳で店長になる事は私自身が驚きを持って受け止め、嬉しい反面、大きな責任が伴う経験した事の無い立場となる不安もありました。そのような中で、最初は手探りの状態でしたが、徐々に自分に足りないスキルに気付き、店舗の収支を管理する「店舗の社長」として何をするべきか、精一杯頑張ってみようと考えるようになりました。一人前の「店舗の社長」を目指し、人材採用研修や教育研修をはじめ、様々なマネジメント業務を積極的に学びました。社内で数名しか持っていないSRM1級の資格も猛勉強の末、取得する事が出来ました。 その後、社員となった10年目からは本社の直営SS部に配属され、課長、副部長へと歩みを進めることが出来。現場以外の仕事にも積極的にチャレンジすることが出来ました。

使命は黒字経営のSSづくりと店舗運営が任せられる人づくり
株式会社ダイヤ昭石

直営SS部では、各店舗の課題を店長よりも更に上の視点から考えて改善策を講じなければなりません。現在、私は関西エリアを担当しており、その関西エリアのSSを将来にわたって発展させることが最大の使命です。そのためには「人財の育成」が欠かせません。 私にはアルバイトを含めて、約50人の部下がおり、とても大きな責任を担っていると実感しています。また、私の使命や責任を果たすには、現在のスキルでは足りない部分もたくさんあると感じています。満足いく成果を出すまでには期間を要するかもしれません。 それでも期待を受けているからには、最大限の努力で応えていきたいと思っています。

任された仕事に正面から向き合い成果を出せば、十分に評価される会社
株式会社ダイヤ昭石

アルバイトで働いていた頃の私には、「期待に応えたい気持ち」や「強い責任感」はそれほどありませんでしたが、ダイヤ昭石で長く働く中で自然と芽生え、社会人として自分の一部になっています。 これはダイヤ昭石の社風や仲間の影響が何よりも大きいと思います。年齢に関係なく、様々な仕事にチャレンジさせてくれる組織とそれを応援して支えてくれる仲間がいます。また、任された仕事に成果で応えれば、しっかりと評価されて更なるステップアップに繋がります。 そのような環境だからこそ、私はここまで成長してこられたのだと思います。 これからも、SSで働くスタッフが最高のサービスをお客様にご提供できるよう、あらゆる視点からの課題解決に取り組んでいきたいと考えています。

私にとってのダイヤ昭石

■任せる、任せてもらえる ■自己成長できる環境が整っている
■信頼できる仲間がいる ■広域であらゆる仕事がある

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石

株式会社ダイヤ昭石